正しいやり方で筋トレをしないと非常に危険なので、気をつけてください。 仮に誤った方法(経験豊富な人ほど、より精度が高いということがよくあるでしょう)で筋トレをしてしまうと、以下のようなことが起こるかもしれません。 ・体の故障を招く ・頭痛(誰でも一度くらいは経験するものですが、その原因は様々で時には深刻な病気の症状であることもあります) ・心臓麻痺 まず、正しい方法で筋トレ(筋力トレーニング、もしくは、筋肉トレーニングの略です)をしないと、体の故障を招きます。 筋トレで故障しやすいのが、腰です。 誤った方法(経験豊富な人ほど、より精度が高いということがよくあるでしょう)で腹筋をしてしまって、腰を痛めるケースがとても多いだといわれているのです。 きちんとただしいフォーム(自己流で身につけようとすると、変な癖がついてしまいますから、指導者について教わったり、鏡や動画などでよくチェックしましょう)を覚えて、無理のないくらいに行ってください。 それに、体が冷えた状態で筋トレをしてしまうと、頭痛(今までに感じたことのないような痛みであるのなら、病院で精密検査を受けた方がいいでしょう)を起こす場合があります。 そのため、しっかりとストレッチをしたり、軽く体を動かしてから筋トレをした方がいいでしょう。 また、寒い時期にいきなり筋トレ(レジスタンストレーニングと呼ぶこともあります)をすると、心臓麻痺が起きる恐れがあります。 これを防ぐためにも、冬の寒い時期は屋外で筋トレ(筋力トレーニング、もしくは、筋肉トレーニングの略です)をせずに室内で行うようにしてください。 体を鍛えるために始めたのに、逆に体を壊していては意味がありません。 安全に筋トレを行うためにも、こういったことに注意して続けるようにしましょうー